【最新2020年版】稼げるまとめ〜体験談付き〜

  1. ビジネス
  2. 681 view

副業解禁の時代、将来が不安なので稼げる情報を探している人は多いでしょう。稼げると言っても、ネット上に転がる情報はピンキリです。

この記事では、会社員を辞めて起業し、これまで10種類以上の様々な副業にチャレンジした著者が稼げる情報をまとめて紹介します。実際に試した方法ばかりなので、他の稼げる情報に比べても信ぴょう性の高いものばかりをまとめています。本業以外で稼いでみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

稼げるまとめ1、不用品販売 難易度1

不用品の転売は、副業の中で最も難易度が低くて即金性があります。今やスマホ一つで簡単に出品ができ、初心者でも手軽にお金を稼ぐことができます。副業の手順としては、以下の3ステップがあります。

ステップ1 自分の身の回りの不用品を転売

あなたの家や実家に、ずっと眠っているものはありませんか?不用品を処分し、お金に変えてしまいましょう。使わなくなった古いものが、意外なお宝に化ける可能性もあるのです。

ステップ2 転売の代行手数料で稼ぐ

家にある不用品を売ってみたら、次は友人や知り合いの不用品を代わりに出品して稼ぐ方法もあります。スマホやパソコンに詳しくない人や、忙しくて時間が取れない人の代わりに、転売をして手数料をもらう方法ですね。時間に余裕があり、知り合いが多いのであれば向いている副業方法です。

ステップ3 転売ヤーになる

転売の最終ステップですが、売れる商品を仕入れてその差額で稼ぐ方法です。価格チェックと仕入れ、仕入れるためにまとまったお金が必要になります。

稼げるまとめ2、ポイントサイト 難易度1

モッピーmoppyやハピタスなどのポイントサイトで、ちょっとしたお小遣いを稼ぐ方法です。アンケートに答えたり、ちょっとした資料を請求するだけでポイントがもらえます。案件も登録するだけ、請求するだけなので初心者でも簡単に稼ぐことができます。ただし注意点は以下の3つあります。

1.大きく稼げるのは最初だけ

初めての登録や、初めての請求で多額のポイントや現金がもらえる案件が多いです。そのため、継続して大金を稼ぐことは不可能です。

2.以前より還元率が低くなっている

以前に比べると、もらえるポイントや金額が下がってきています。ポイントで稼ぐよりも、アルバイトなどの方が時給が高い場合もあります。本当に暇で、ちょっとお小遣いが欲しいという場合にしか向いていません。

3.個人情報が流れる

資料請求するだけでキャッシュバックがある案件は、自分の住所や電話番号が出回ることになります。そうなると、営業の電話がかかってくるようになるなど悪影響があります。事後の影響ともらえる金額を検討した上で、それでもメリットがあると判断するならば請求しましょう。

稼げるまとめ3、アルバイトや単発バイト 難易度2

本業以外で深夜にバイトをしたり、休日に働く方法です。

深夜のバイトは時給も高く、単発バイトも案件の中には割と時給の高い仕事が出る時があります。そういったアルバイトを狙うことで、効率よく稼ぐことができます。

しかし休める時間が減るため、本業に支障が出る可能性があります。体力的にもきついため、20代や30代までは無理が利きますが、40代以降はかなりハードワークになります。

稼げるまとめ4、アフィリエイト 難易度5

ネット上で稼ぐ副業の代名詞としてよく登場するのが、アフィリエイトです。他人の商品を紹介し、売れた分の数%~数十%の報酬を得ることができます。

アフィリエイトは、自動で収入が発生する夢のような副業手段です。しかし、残念ながら初心者には難易度が高い副業方法です。その理由は、以下のスキルが必要になるからです。

1.売れる商品の目利き

アフィリエイトできる商品は、数万点以上もの多種多様な商品があります。その中から、ニーズのある売れる商品を選ばなければなりません。売れない商品を紹介しても、大して儲からないのです。

2.セールスレターを書く必要がある

アフィリエイトする商品を選んだ後、商品の魅力を文章で伝える必要があります。そのためには、セールスする文章、コピーライティングの知識が必要になります。商品が売れる文章は、単純に文章を書くだけではありません。商品の魅力を説明し、相手が買いたくなるように工夫する必要があります。

3.集客をする

アフィリエイトする商品を選び、セールスレターを書いたら次に必要になるのはお客さんを集めることです。お客さんを自分のサイトなどに呼ぶために、ブログでアクセスを集めたり、ツイッターなどのSNSを使ったり、広告で集めるなどの方法があります。集客の手段は様々ですが、それぞれの手段をマスターするためにある程度勉強や実践が必要となります。

稼げるまとめ5、スキルを売る 難易度3

副業の中で、割と早い段階でまとまったお金を稼ぐことができる手段がスキルを売ることです。

クラウドソーシングなどの売り手と買い手を仲介するサイトがあるため、そこに登録して依頼者とスキルを売りたい人がマッチングします。依頼者の仕事の内容を完了すれば、報酬が得られます。

文章を書いたり、プログラミングができるなど、自分の得意なことで需要があるスキルがあればすぐに稼ぐことができます。または自分の趣味やマニアックな知識を、文章にして販売する方法もあります。仲介するサイトが集客をしてくれるので、あとは自分のスキルを登録してお客さんが来るのを待つだけです。必要なことは、需要のあるスキルを持っていることです。

稼げるスキルの王道は、ライティング、デザイン、プログラミングです。スクールも多くあるため、一度学ぶのも良いでしょう。

稼げるまとめ6、Youtube関連

最近稼げるとして話題なものといえば、Youtubeです。本を読むよりも、スマホを開いて動画でいろいろな知識を得る人が増加しています。

その流れを受けて、Youtuberが広告収入で莫大な利益を得ています。Youtuberを目指すのも良いですし、その関連で動画編集の需要も高まっています。

動画編集は、Youtuberが撮影した動画に、字幕や効果音を入れる作業です。動画編集は今後2年くらいは需要が高まるので、動画撮影や編集が得意な方はやってみると良いでしょう。

まとめ

以上、稼げる副業方法をまとめました。今すぐできるものから、世間のイメージとは違って難易度の高いものまで紹介しています。

自分の今あるスキルや知識を使って、必要のある人に提供するのが一番てっとり早く稼げる方法といえます。副業の必要性が高まる近年、ぜひ取り組んでみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。