コラム

わかりやすい解説動画

社内研修や営業、採用など様々な場面で活用できる解説動画。
最近ではYoutubeなどの動画配信サービスでも
広く扱われるようになっています。
 
しかし、ただなんとなく動画を作るだけでは
視聴者にわかりやすい動画になることはありません。
 
わかりやすい解説動画を作成することができれば
社内研修の学習効率が高まり、
少ない時間と労力で大きな育成効果を期待できます。
企業説明会で活用したら採用率にも影響を与えるでしょう。
 
Youtubeなどで直接動画コンテンツとして公開する場合も、
質の高いわかりやすい解説動画を作成できれば
再生回数アップやたくさんの「いいね」獲得につながります。
共有や拡散が繰り返され指数関数的な反響を得られるかもしれません。
 
視聴者の集中力を切らさずに、
最後までしっかり視聴してもらうために
どのような点に注意したら良いか?解説していきます。
 

わかりやすい解説動画を作るコツ

1.伝えたいターゲットを明確にする

「誰に動画を見てもらうのか?」ターゲットを明確にしましょう。
同じ内容の解説であっても、初心者向けか上級者向けかというだけでも
動画の構成や内容に違いが出てくるはずです。
 
社内で見る動画なのか、あるいは顧客や取引先企業、一般ユーザーか。
利用するターゲットによって内容や質、適切な視聴時間などが変わります。
これが明確に定まっていないと動画構成や台本も決まりませんし、
内容に違和感が強く残れば修正や撮り直しということもありえます。
 
同じ視聴者でも商品の購入前と購入後では必要な情報が異なります。
また、パソコンとスマートフォンのどちらで見ることが多いのか
自宅で見るのかオフィスやカフェで見るのか
利用するシーンによっても快適な動画は異なります。
 
誰が、どこで、どのように視聴するのか?を想定してから、
動画撮影や作成を進めていく必要があります。

2.構成と目次を作成する

動画内容の骨組みを決めていきます。
この骨組みを基に詳細な台本を作成し、
本格的な撮影や編集作業などに移行していきます。
 
ターゲットに伝えたいメッセージが的確に伝わるように、
どんな内容を、どのような順番で、どのように伝えるか
しっかり検討して決めていきましょう。
 
たとえばホワイトボードに必要事項を書き出す講義式を取るか、
専門家や社長、先輩社員などとの対談形式にするかなど
動画全体のコンセプトについてもここで決めます。
 
この辺りが厳密に決めきれないようであれば
既存の動画や資料を集めて参考にしてみたり、
動画制作サービスに問い合わせて相談してみたりするなど、
周りの知恵を借りてみるのも賢明な判断です。

3.台本を作成する

検討を重ねた構成案を基に具体的な内容を決めていきます。
台本は動画の出演者のためだけではなく、
撮影や編集をスムーズに進めさせる意図もあります。
 
どこでどのような内容が入ってくるのか
ナレーションがどのように入って、
どのようなテロップやBGMが欲しいかなど
台本というよりは「詳細な動画の設計図」を作成するイメージです。
 
テキスト主体のものでも構いませんが、
撮影のアングルや描写に具体的なイメージがあるのであれば、
絵コンテを作成すると非常に効果的です。
 
台本がない状態で撮影を始めてしまうと
途中で必要な素材があることに気づいてグダグダしたり、
何度も撮り直して撮影時間がなくなったりなどのリスクがあります。

4.動画を撮影・録音する

いよいよ動画撮影に入りますが、ここでもポイントがいくつかあります。

・アングルに変化をつける

同じシーンでも異なるアングルを撮影しておくことで、
よりわかりやすいアングルで解説できたり、
アングルが切り替わることで視覚的な変化をつけることができます。
 
シンプルな対談動画や講義形式の動画であっても、
話している人が映るアングルに切り替えたり、
重要なポイントを強調したりできるので、
角度を変えた様々なパターンで撮影しておくと良いです。

・撮影環境に注意する

光の当たり具合や周囲の音によっても動画のクオリティは影響を受けます。
しっかり明るい光が当たっているか、ノイズが入っていないか
マイクは音声を拾えているかなどの確認をしましょう。

・ナレーションを録音する

ナレーションが必要な動画内容の場合、ナレーションの収録も欠かせません。
ナレーターを起用するか、出演者がナレーションするかなど状況によって異なりますが、
話すスピードや抑揚、ナレーションしてほしい内容や台本は
あらかじめ入念に打ち合わせておきましょう。

・テロップを入れる

これもテロップが必要な動画内容の場合に限ります。
すべてにテロップを入れたら良いとは限りません。
動画の要点や重要なセリフだけを入れた方が
シンプルで伝わりやすい傾向があります。

5.動画を編集する

動画を撮影したら編集作業に移ります。
無駄に冗長にならないように編集していきます。
解説動画の場合は簡潔明瞭であることがポイントです。
 
ユーモアも交えた内容にするのは問題ありませんが、
本来の目的やターゲットのリクエストから脱線しすぎないよう、
バランスが重要になってきます。
 
編集したら周りの人に見てもらって感想をもらえると良いです。
自分たちの視点にはなかった気づきが得られることも多いです。
 
編集の際にカットした素材や別アングルの動画などは
完成後も反応によって再編集する可能性もありますから
しばらくは残しておくと良いでしょう。

細かいポイントは動画内容によって異なります。

今回ご紹介したポイント以外にも、
解説動画の作成についてのポイントはあります。
話し方や構成にもノウハウはあります。
 
これについては作成していく動画内容や
訴求したいターゲットによっても異なりますので
詳しく知りたい方は当サービスにお問い合わせください。
 
わかりやすい優れた解説動画を作成し、
あなたが望む結果を実現させていきましょう!

関連記事一覧